2011年12月24日土曜日

気持ちで負けてんじゃねーぞ?!

今日のブログは長いぞ。
心が折れそうな受験生諸君は、特に心して読むように!

★受験生諸君へ

 そろそろ、一足早く学力POSに成績表がアップロードされていると思うんだが、
 それを見て、

 背中から「どす黒いオーラ」出したり、
 目から「よどんだビーム」を発している子は
 いないだろうな?

 なんか、去年の同時期のブログを読み漁って、
 先輩の例を探しまくってる形跡があるので、出すぞ。
 今年版のコレが欲しかったんだろ?

★2011直前期のがんばりでコレだけ伸ばした『神』受験生の実例

 昨年の正月特訓で半泣き学習を敢行して
 奇跡的土壇場逆転
を果たした実例だ。
 

 

  

  

 
                          
  

 いずれも、12月センレベで『壊滅した』と思いきや、不屈の精神で、
 まさに、不死鳥のようによみがえった偉大なる先輩
方だ。

 直前で伸びやすい理社以外に、英国数でもこんな例がゾクゾク登場しているのが現実。

 どんなに不利な状況下でも、最後の最後まであきらめない、
その「執念」こそが、土壇場の逆転劇を生む。

 気持ちで負けてんじゃねーぞ、お前らっ!!


え?精神論なの?などという子へ

★なぜ、メンタルが重要か?


最新の脳科学によれば、
人間の脳神経細胞にはよく知られているように
「生きたい」、「知りたい」、「仲間になりたい」
という3つの本能があるんだが、
それに加えて
「統一・一貫性」「自己保存」
を求めるクセがあるという。

この「統一・一貫性」は、有利にも不利にも化けるもの。
重要なポイントは2つある。

<その①>
 今回のセンレベの小説で、うっかり主人公の女性に『自己投影』してしまって、
「世間一般の女の子はさー、親父とは仲良くできないもんだしなー。」
などと、早合点してしまった子(8月センレベで『仕事』に『勉強』を重ねた子も)や、
「漢文は易しいから一番最初にやって・・・と♪」
「・・・ん? あれ?・・・あれれ?うわああああ!!!」
などという子は、この「統一・一貫性」が悪く働いたのかもね。
自分の中での「定番の価値観」や「定番の戦法」通りに物事が進むとは限らない。
冷静に、かつ臨機応変に!(本番だけ気をつければ良いというわけではないぞ、念のため)

<その②>
 「初の公開会場受験で大人数に揉まれて、1科目目から緊張してしまったー。」
 「数学の問題で苦戦した直後、それ以降の科目が連鎖壊滅したー。」
などという子、これは「統一・一貫性」を狂わされたのが原因。
・・・では、本番ではどうするのが賢いのか?
 答えは、「正月特訓」のショートHRで!(よく聴いとけよ。) 


                                <ば>

★東進・高松常磐町校へお問い合わせの方へ
チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡板として運用しておりますので、
体験授業や新年度講座のご相談は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、
本ブログ左メニューの資料請求ボタンをご利用下さい。

★東進・高松レインボー校にお問い合わせの方へ
校舎直通電話087-813-8104(校舎直通)まで、お気軽にお問い合わせ下さい。
��なお、開校時間帯以外のお電話は、自動的に高松常磐町校へ転送されます。)
本ブログ左メニューの資料請求もご利用いただけます。

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿