2012年1月10日火曜日

センターまであと4日!

★受験生諸君へ

いよいよ決戦の日まで、あと4日だな。

緊張のあまり手が震えてきた人、
焦るんじゃない。

一生が決まるかもしれない大舞台が目前なんだ。
緊張しないほうがどうかしている。
・・・大丈夫。みんな怖いさ。人間だもの。

さあ、ここまできたら、精神力の勝負だ!
ムダ時間を1秒でも節約して
��問でも多く解いて
ミスを1問でも少なくした者の勝ち。

この緊張感での最終勉強を「楽しめ」!

は?この期に及んで過去問解いたら、撃沈したって?
良かったやん!本番じゃなくて!

一度やった問題見直したら、解き方忘れてたって?
良かったやん!弱点がギリギリで見つかって!

ここ数日、怖くて仕方ないって?
良かったやん!本番の緊張感をシミュレーションできて!

★さて・・・・

生徒ファイルに、「センターに向けての最終指示書」入れてます。よく見ておこう!

それと、毎年言ってることだけど、入試当日、これだけは肝に銘じておけ。

①変な問題が出たら、気にせず「かわせ」!
    勝敗を分けるトラップかもしれない。
    そういうときは、どうせ、みんな解けないから。
    あとで時間余れば、ボーナスステージだと思って取り組め。

    問題傾向が今までと全く変わっていても焦るな!
    そういうときは、みんな「パニクる」から、逆にチャンス♪

②休み時間には、絶対しゃべるな!
    仲のいい友人と「さっきの科目できた?」などと会話するのが一番危ない。
    「全教科」受験し終わるまで、孤独に戦え!
    精神力勝負の入試本番で、たわいも無い会話から「油断」や「焦り」が生じると
    とりかえしがつかなくなる。
    正月特訓に参加した諸君は、身をもって知ったはずだ。
    自分の感触・知人の感触・実際の難易度に結構なギャップがあったことを。

③正確な自己採点ができるよう、工夫しろ!
    自己採点結果と実際の点数がずれたら、センター答案再現や
    センターリサーチの意味がまったく無くなる。

④「大失敗」しても、最後まで全力で走れ!
    解けない問題が出ても、大量のマークミスしても、
    最後まで走っていれば、奇跡が起こることがある。
    途中でリタイヤしたら、奇跡の起こしようがない。

⑤済んだ教科のことは、絶対に振り返るな! 
    目の前の科目で1点でも多くもぎ取ること!それ以外の思考は邪魔だ!!!!
    過去は決して変えられないのだから、振り返るだけ時間の無駄。
    この点が、「模試」と「本番」との決定的違いだぞ!
    1日目終了後に自己採点など、論外!

⑥勝利をつかむ選択肢は必ずある!
    どんな状況下でも、「最善の一手」というものが隠れている。
    それを見出せるかどうかは、お前たちの「執念」にかかっている。

「大丈夫、お前なら、奇跡を起こせる!



                                               <ば>

★東進・高松常磐町校へお問い合わせの方へ
チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡板として運用しておりますので、
体験授業や新年度講座のご相談は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、
本ブログ左メニューの資料請求ボタンをご利用下さい。

★東進・高松レインボー校にお問い合わせの方へ
校舎直通電話087-813-8104(校舎直通)まで、お気軽にお問い合わせ下さい。
��なお、開校時間帯以外のお電話は、自動的に高松常磐町校へ転送されます。)
本ブログ左メニューの資料請求もご利用いただけます。

0 件のコメント:

コメントを投稿