2009年6月27日土曜日

センター模試個表返却面談について

★センター試験本番レベル模試を受けた
受験生+高2生諸君


①合格指導面談(模試結果返却面談)の予告です♪
��/21に受験した子は6/30(火)から順次、
生徒面談をしていきます。
定期考査などで忙しい週だと思いますが、この週は、絶対に出席すべし!

各人の「改善ポイント」を手短に指示するので
それほど時間はかかりません。

※早くも、最終目標点近くを叩き出した子、出始めましたね!
・・・・コレ、すごいことです。

はっきりしているのは、「指示されたことを忠実に実施した子」は
相当な学習効果が表れている・・・・ということ。

「えー?わたしはまだ伸びてない・・・」言う子は、
やりかた間違ってるか、『まだ努力が足りない』かのどちらか
先日のブログでも書いたように、『運の善し悪し』は理由になりません
たとえ、入試本番でお腹が痛かったとしても、不合格は不合格。
取り消すことはできません。

②模試解説授業について

統一実施日に受験した子は、VODで受講可能になっています。
問題を解いた感触が残っている内に、復習しておくこと!
��今回から、受験した模試の解説のみがメニューに出るようになりました。
とっても、便利になりました。)

後日実施組は、答案処理された後に、メニューが出ますので、少し後になります。


③次回模試について

第4回センター本番レベル模試は、8/23です(全員参加!)。
受験生は、ココを「仮想入試本番」に据えて、
最大限の努力をすること。

・・・・・・・・・・・・・あ、模試返却時に、小言を言われちゃう子は
「目標点」最後まで入力しなかった「困ったちゃん」です。
個表に印刷されちゃってるから、言い訳不能です。
今後は許さないので、叱られたくなかったら、次回目標を早めに
��OSから入力しておくべし。

第2回難関大本番レベル模試(記述)は7/12(日)実施です。
受験希望者(任意)は、7/4までに申込書を提出すること。
それ以降は、一切受け付けませんので注意!(予備はありません)

★高1ひよこ軍団へ

定期考査の範囲まで受講が進んでいない子は、
大急ぎで受講完了しなさい!
(確認テストの2巡目+数トレ黄色までができた子は上出来)
あと、不幸にも4STEPの解説冊子を学校から配布されていない
高校の子は、早めに分からない問題をピックアップして、質問状を
書いておくこと。間際で大量にFAX送ったらバップアップサービスの先生方が
大変なことに・・・・・。

君たちの「仮想敵」は7/19の「第2回センター高校生レベル模試」だぞ。
もちろん、全員参加です(逃げることは許しません♪)
��月に痛い目にあった子、リベンジの大チャンスです!!!ふぁいと!

★高松常磐町校へお問い合わせの方へ

チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡版として運用しておりますので、
夏期講習などの詳細は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、、
下記の「穴吹進学ゼミナールHP」の問い合わせフォームをご利用下さい。

※なお、他の方の面談中にご来校いただいた場合、
長時間お待ちいただくことがございますので、
直接ご来校いただく際には、恐れ入りますが、上記電話番号にて
ご来校予定日時をお知らせ下さい。

��ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年6月25日木曜日

関係ない話ではないぞー

高2生の大半は、修学旅行に出かけちゃいましたね。
元気に帰ってくるんだよ-。
他の学年の人も、定期考査の発表になったり、校外模試があったり、大忙しですね。

★・・・・突然ですが、自慢です。
・・・あ、何人かの子たち、ごめん。
今回は「作曲の話」ではない。

��/22(月)は休校日だったので、
��ば>は、小中学部の<あ>先生と一緒に、ホタルを見に行きました。
この教師コンビ、宇宙物理学の専門家と昆虫生態学の専門家だから、かなり「濃い」ぞ。
でも、ホタルだけは、専門外なのよね2人とも。そう、どちらかというと素人さんに近い。
ホタルに関しては、今まで、何回「敗北」してきたことか・・・。

・・・・で、今回、相当気合い入ってました。
これまで、どうも失敗してたので、2人とも結構勉強したのですよ。

いや、『サイエンスマスター』を自称する2人だから、さすがに
「シーズン」が大事だとか、一晩の内「飛翔のピーク」が21時・0時・3時の3回ある、
とか、「カワニナ」が生息する水辺が大切・・・とかは、常識
として知っている。
でも、ホタルも奥が深いもので、他にも知らない要素が沢山あったんだわ。

湿度○○%以上、月齢○○前後、気温○○度、風力○以下、
午前中の天候は○○で、夜の天気は○○か○○・・・などなど・・・ね。
(普通、ここまで知らんわー)

・・・・・ホタルの専門家の談によると、こんな条件が「全部」揃った時に
いわゆる「大乱舞」現象が起こるという。
今までの2人は、ちと、勉強不足。
やっぱ、自己流の知識では勝負にならんなー。

さて、6月22日は、この条件が「全部」揃いそうな上に、
��人とも「お仕事お休み」
なんだわ!
何というチャンス! これ、一大事です!

・・・・・で、入念な調査で撮影ポイントを4つに絞り込んで
当日は、明るい内から、ロケハン(現地下見)して、臨んだというわけ。

県内某所の最有力ポイントに到着して2時間後、
出発時に満たしていなかった風力も含め、先ほどの条件。全部ドンピシャ!
まだ、明るいのに、早くも、至る所でゲンジボタルが発光開始!

��あ>「ああああ、こ、これって・・・!!」
��ば>「来る、絶対来る、コレ!!!」

そして、あたりが、薄闇に包まれた頃、周り中が飛翔するホタル「まみれ」に!!

��あ>「うおーーー!」

��ば>「キターーー!!」

��2人>「ひえーーー!!全員がシンクロ明滅ーーー!!!すげーーーーーー!!!!」

��あ>「<ば>せんせ、早く、写真、写真っ!!」

��ば>「予行演習死ぬほどやったけんな。この条件なら、一瞬でパラメータ決まるんじゃー!
     ・・・・うりゃあ、モードM! シャッター30sec! F値5.6! 14bitでRAW!
     ISO1600! ドライブ8FPS! WB6000K! アクティブDライティングL!
     フォーカスは目視! ノイズリダクションL! ビネット補正N! 色収差補正オート!
     ダークフレームOFF!で、どいやー。 ・・・・・行っけーーー!!!」


撮影日:2009.6.22 撮影:<ば> 場所:『絶対誰にも教えない(笑)』

どう・・・これ?・・・すごいっしょ?!

��ば>なんか、感激のあまり、泣きそうに・・・・・。
だって、だって、今までボクが撮ってたホタル写真は何だったんだよーーー。
あんなに苦労したのに、そもそも方法論が間違ってたなんてーーー。

感激に打ち震えること約2時間。撮影した枚数が110枚を超えた頃、
突然天候が急変して土砂降りに。
・・・・あえなく撤退。カメラも全身もズブ濡れ。

・・・・・ってことは、われわれ「たった2時間のチャンス」を見事ゲットした訳!?
いやー。がんばった甲斐あったよぉ。


★・・・・で、なにが言いたいかというと・・・・・・

さて、なぜ、<ば>せんせ と <あ>せんせ は、
この、類い希なる大チャンスを仕留めたか?


「そんなん、たまたまのラッキーやんか。悪運強いわー。」
って言う子、それは、ちょっと違うぞ!

要するにだ、

①自己流の概念を捨て、専門家の研究成果を謙虚に受け入れた。
②3年前から自分の足でも、徹底的にリサーチをしていた。
③数十回以上撮影リハーサルをし、最適な撮影条件を全て頭にたたき込んでいた。
④時間に余裕をもって行動し、最後の最後まで、少しでも有利なポイントにこだわった。


・・・・・・みなまで言わん。

①素直に<ば>の助言を・・・・
②志望校の試験科目・配点はもちろん特徴すら・・・・・・・
③あれほど定期点検や模試のリハーサルを・・・・・・・
④プロジェクトの最終日に寝坊したり、「あがり」寸前で・・・・


正しい方法で十分な量の努力をしてきた人は、
「ラッキー」を見逃さない
のだ。
それが、「運も実力のうち」の真の意味だと思うぞ。

普段の努力が足りない子は、たぶん、
目の前に「ラッキー」が転がっていることにすら気がつかないだろうね。


��ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年6月23日火曜日

プロジェクト&センター模試 お疲れ!

★常磐町校の高1~高3生諸君へ

プロジェクト、お疲れ様。
今回は、毎日ハラハラどきどきの展開だったなー。
��日目みたいに「心臓止まるかと」思う大失点もあったしな。

さて、なにはともあれ、今回も、色々な奇跡が起きたわけだが、
ちと、失点が大きかったなぁ。あれはリカバーしきれん。

・・・・で、結果発表です。

向上得点5.71点で、
全国「3位でした!
あー、おしかったなぁ・・・・。

でも、<ば>は怒り狂ったりはしないので、ご安心を。
全国1位をとった、横浜の某校舎さん、向上得点
なんと8.95点 だと!!!!!!!!!!!!!

長期休暇中以外で、8点越えは、普通不可能でしょ?
・・・・・上には上がいるもんだね。

え?1位校舎が6.0点とかだったとしたら?って?
そりゃ、怒り狂います。

さ、みんな気を取り直して、
次のプロジェクトの「仕込み」頼むで!!!

★高2~高卒生諸君へ

第3回センター本番レベル模試
おつかれさま。

・・・・で、自己採点、したでしょうな!?
万が一、「メモが足らなくて自己採不可能だったー」
などという、「困ったちゃん」は、自己採点の意味が分かってない子だ。

あ、卒生諸君には「釈迦に説法」なので読み飛ばしてくれ。

センターの本番受けたら、「センターリサーチ」とかするじゃない?
あれ、あくまで「自己採点」だからね。
これが、ずれてたら、むちゃくちゃな判定返ってきて
大学出願がズレまくりになるんだわ。
当然、<ば>のアドバイスもピント外れになる。
これ、ものすごい「恐怖」ですよ。
勝てる訳ないやん!!

あと、プロジェクト中の向上得点と
模試成績アップの相関関係マル秘資料の示す「現実」を
も一度謙虚に見つめ直すべし!

結果個表は、6/30(火)から返却していくので、この週は絶対に休まんように!!

                               <ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年6月18日木曜日

『ぷろじぇくと』後半戦です

★常磐町校高1~高3生諸君へ

『ぷろじぇくと』後半戦突入です。
念のため、確認な-。

 6/18(木)16:00~23:00
 6/19(金)16:00~23:00
 6/20(土)09:00~23:00


だぞ。
特に、学校のテストや部活がらみで
前半戦『ぼうず』だった子は、後半戦で
教室に籠城すること!

もちろん、自宅では、
��M02:00~05:00のメンテナンスタイム
以外は学習可能だ。しっかり頼む[#IMAGE|S66#]。

特に高1生は、6/21(日)は休校なので
前日は、限界に挑戦してよし・・・というか、しなさい。

なお、ぼちぼち、「取り立て電話」行きますよ[#IMAGE|S47#]♪
・・・・だから、とっとと<ば>にメールを
送っておけと言ったのに・・・。

★高卒生・高3生・高2生の諸君へ
��/21(日)は、全員、第3回センター本番レベル模試
実施日です。
しっかり勉強して、中間目標を達成すること!
まさか、この期に及んで目標点入れてない子は
いねーよな? な!
あと、受験科目の指定書を出してない子は、大急ぎで頼む。
それと、後日実施組は、学校スケジュール表など書類提出よろしく。

★全学年の諸君へ

��/17(水)から、
穴吹仏生山校の<に>先生が水曜担当として着任っ!
もと、仏生山校生の子、高松本校の「古株」だった子
達には、おなじみだよな。
がんばって、格好いいとこ見せるんだぞ。

                                <ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年6月14日日曜日

プロジェクト発動しました

★常磐町校の高1~高3生諸君へ

プロジェクト』発動しました!

良いですか?
期間中は

月曜日も16:00から開校ですよ!
毎日23:00まで延長戦OKですよ!!
土曜の午前も開けてますよ!!!

色々忙しいのは分かってるけど、逃げちゃダメです。

あー、時間がない・・・言うてる子、
「無理だと思ったら、本当に無理」
自分の可能性を狭めちゃいけません。

今日も、何人かの子達が、
「限界を超える体験」したよな?

・・・・・分かるかなあ?
あの
「おおお! ・・・き、き、来たぁーー!・・か、勝てるっ!!」
っていう、感覚。

せんせは、専門が脳科学ではなく、宇宙物理なので
厳密な記述は遠慮するが、あれ、絶対に、
いわゆる『脳内麻薬』出てると思う。

え?せんせは体験したことあるのかって?
そりゃあるよー。何回かは。

<数年前のお話し>
塾内で新しいソフトを2週間で開発しなきゃならなくなったけど
そのプログラム組むコンピュータ言語(DELPHI)に触るのが初めてで
前半1週間で、専門書を40冊読破して、後半1週間で2万行の
プログラムを1人で書く
という、
「おいおい、生身の人間には、無理だろ?」
というお仕事中、
最後の1000行付近に差し掛かった時とか・・・・
あれ、絶対に「普通の人間」じゃ無かった・・・・・・(笑)。
だって、今のせんせじゃ、無理だから。
��週間では、数百行も書けないって(コーディングって、せんせのような素人には難しいもん)。

<大昔(?)のお話し>
海外に行ってた時、てっきり
「ま、片言の英語とジェスチャーで大丈夫だろうー」
とタカをくくってたら、研究所の人たちには
「スペイン語しか通じない!」
さらに、メルカード(市場)の人は
「アイマラ語とケチュア語がメインだった!」
いう時の、スペイン語単語の吸収速度とかね。
だって、シャレなんないもん。

「クイダード!セニョール!ベインテ!ベインテー!!!!」
��先生ー! 風ー!、風ー! 危なーーい!!!)

大声で叫ばれても意味がサッパリ分かんないから

「ディーガメロオットラベース?」
��ん? 何すかー??)

ってのんびり言ってたら(今、思い出しても恥ずかしい。アホですこれ。)、
標高5200mの山頂で、すんごい突風吹いてきて
実験機材ごと ふっ飛ばされちゃったりとか
経験してたら、やるしかないっしょ??
命がいくらあっても足りない・・・・・。

・・・・あ、ちなみに、せんせは、頭良くないです。念のため。
だって、高校生の時、
学力テストで数学「0点」とかとって
テスト返される時、クラス全員の前で教師に
 「<ば>、ゼロてーん!!ヘソ噛んで死ねー!」
って叫ばれて笑われてた、「困ったちゃん」だったから。


はい。

誰しも、いざという時は、超人的パワー出せるんですよ。

ただし、それを可能にするのは、
「後退不可能なシチュエーション」
「覚悟」ね。分かるでしょ??

みんなも、「きたぁーーー!!」の感覚、引き出してよ。
その時だけ、あり得ない量が脳みそに入るから。

・・・・そのための『プロジェクト』です。はい。

ぼちぼち、奇跡を起こしつつある子達、出てますよ!

「ぼくには、無理だ・・・」
「あれ?前は行けたのに、今回調子が・・・・」
とか言うてる子、
『覚悟』が足りぬわっ!!!

★卒生の諸君へ

競争できないとはいえ、
のんびりしてる場合じゃありません。
こういう時は、『便乗』しないと、負けです。
せんせも、ちと「大人の対応」してるだけです。
夏の終わりに「例の約束」達成できてなきゃ、
・・・終わりかも、です。
                                <ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年6月11日木曜日

忙しいけど、ビシッと行こうぜ!

★高松常磐町校の生徒諸君へ

 『夏期大飛躍のための前哨戦』 = 6月度
が本格スタートしました。
 色々と行事があって忙しい月だが、
 配布したスケジュール表をよく見て、フルパワーで頼む。

 なお、高3生で「やめとけ」言うたのに、文系組と理系組とで
 資料の見せ合いっこして、「結局、どうなん???」って
 なっちゃった子は、言いに来るべし。その「先」を話す。
 (でも、私がドタバタのときは、かんべんなー)


・・・では、直近のスケジュールの確認だ。

・6/12(金)高1高2生のうち指示した子は
 19:00~19:30で特別HRだ。
 筆記用具を忘れずに!
 余裕のある子は早めに登校して、プロジェクトの「仕込み」よろしく。

・6/14(日)~6/20(土)
 第3回『プロジェクト』発動です!
 HRで指示した「正しい課題」を意識して
 限界に挑戦すること!!

 ※プロジェクト期間は、毎度のように
    日曜日も7限まで拡大開校&土曜の午前も拡大開校
    月曜日も16:00から特別開校&全日程23:00まで延長戦あり
  だぞ。間違わないようにっ!

・6/21(日)
 第3回センター本番レベル模試

 高2生・高3生・高卒生は全員受験
 自己ベストを叩き出せっ!


★夏期講習の友人紹介について

 早くも塾外生で、夏期講習の申込希望者が次々来校されています・・・・・が、
 友人を連れてくる時は、『事前に電話連絡』の徹底をお願い!
 先約の方と面談してると、対応ができませんので。


★その他、指示事項について

 指示されたことが、きっちりこなせる子と、
 何度も催促されないとグダグダになる子とでは
 今後の成績に雲泥の差が出るのは当然の事。

 先週も、何人かの「困ったちゃん」の闘志に点火しました。
 別人のように猛烈学習開始してくれた子が多いけれど、
 本当の勝負は、これが『いつまで継続できるか』だぜ。
 
 経験上、我々くらいの年齢になると、生徒の皆さんの
 取り組み方一つで、志望校の合格可能性はおろか
 社会人になってからの光景までもが目に浮かんじゃう訳で・・・。

 ・・・とにかく、ビシッと行こうぜ!!
                                <ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------