2009年8月28日金曜日

激動の夏、終盤

★高松常磐町校生諸君へ

まずは、直近のスケジュールから・・・
��/28&8/29で夏休みの拡大タームは終了。

��/30と8/31は休校日です。受講・自習ともに不可です。
ただし、三者面談・願書提出・臨時補講など
��ば>からの特別指示があった者のみ登校可能です。

��/1(火)から通常スケジュールに復帰します。
 火~金は16:00~22:00すぎまで開校
 土は13:00~22:00すぎまで開校
 日は9:00~18:00すぎまで開校
 月は完全休校
となります。

ただし、9/5(土)午前と9/6(日)夜は
高3生対象の特別HRを実施します。
時間帯を数群に分けて実施ですので、模試個表返却時に
指定書を提出して下さい。

★高松常磐町校受験生諸君へ

長く苦しかった「夏」がいよいよ終わろうとしている。
 限界に挑戦し、超えた者
 孤独な戦いに挑んだ者
 自分の甘さに気付き反省している者
見てるだけでも色々な子がいるのだが、
これだけは言っておく。

「正しい努力」をしたならば、その成果は必ず表れる。

それが「勉強」というものであって、
そこが「研究」とは異なる点。
そもそも「答え」があるのかどうかすら不明な「研究」と異なり、
大学入試までの「勉強」内容には、必ず正解がある。

いわば、必ず当たりが入っているクジを引くようなもの。
全てのクジを引き尽くせば、絶対当たるのと同じで、
全範囲の学習が「完成」すれば、知っている問題ばかりになるのは当然。
「修得範囲が増えること」は「クジを引ける回数が増えること」に等しい。

今回の模試でも、
運良く学習範囲が出題された者と外された者とに大別されるが、
外された者は、まだ、全範囲を網羅できていないか
修得内容を忘れていただけ。
凹むヒマがあるなら、一刻も早く全範囲を修得せよ。

あと、7月に某マーク模試を受験して、その易しさに気付くことなく
素点を信じて、ペースを狂わされた者、
何度も言っているが
「相対評価模試」は「偏差値が出るまで」評価不能
ということに気をつけておけ。これも良い経験だ。

正式個表返却まで、あとわずか。
個別コメントは返却時にするので、とにかく今は
決死の覚悟で復習しつつ+受講を先に進めておけ。

自己採点結果を提出しながら、目が潤んでいる子もいるが
気休めにしかならないような優しいコメントは一切しない。
改善案だけを指示するので、泣くのは大学に受かってからにしろ。

ここからの指示は、生徒によって微妙に異なる。
それは、キミ達の「持ち味」が違うからだと理解せよ。

★高松常磐町校へお問い合わせの方へ

チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡版として運用しておりますので、
夏期講習や新規入塾などの詳細は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、、
下記の「穴吹進学ゼミナールHP」の問い合わせフォームをご利用下さい。

※なお、他の方の面談中にご来校いただいた場合、
長時間お待ちいただくことがございますので、
直接ご来校いただく際には、恐れ入りますが、上記電話番号にて
ご来校予定日時をお知らせ下さい。

��ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年8月25日火曜日

プロジェクト&センター模試 お疲れ!

★常磐町校通期生の諸君へ

プロジェクト「覚悟の夏」お疲れ様♪
気合い入りまくりでしたね。
しかし、すごかったな。
1週間の向上得点が20点を超えた生徒が23名も
・・・・これは、「事件」だ。
よくがんばった。

特に、最終日に下校してからも
「あきらめきれんわ!」
言うて、自宅から加点締め切り24:00寸前まで戦い抜いた子達、立派です。
・・・・・・ま、最終日に半泣きにならないように、事前に着々と進めておくべきものだけど、
ダメだったものは、期限までに気合いで仕上げるしかないわな・・・。

絶体絶命のピンチから、締め切り4分前に奇跡の逆転を果たした子とか、
この経験は受験にも生きてくるはず。

ただね、今回の特徴は、
「言われたとおりのスケジュールで、クレバーに加点した子」
が、やたら多かったこと。

言いつけ通り、お盆休み中に、
 数トレのほとんどを「黄色」にしてた子とか
 修了テスト一発SSに向けて、確認テストをもう一巡解き直していた子とか
 高速暗記の定期点検予行演習を「浴びるほど」やってた子とか
��段階プロジェクトの「熟成ステージ」を忠実にこなしている履歴が
プロジェクト前日までにPOS上からビシバシ上がってきてた時には
鳥肌立ったわ・・・・・いや、「マジ」で。

・・・・で、結果発表ですぅ!





やりました。
この激戦の「夏」のプロジェクトで、

なんと全国1位達成です!

校舎の平均向上得点:16.33点!

��位以下の他校舎さんを全く寄せ付けないほどの
まさに圧勝でした。

注目の個人ランキングは、・・・・と言っても「実況中継」で、予想ついてるかも知れんが
校舎に掲示してます。要チェック!

あ、なお、24:00まで粘るも「及ばなかった」という『困ったちゃん』には
厳しいお沙汰が下されるであろう・・・というのはジョークだが、
次も「へたれ」たら許さんで。

★高2~高卒生諸君へ
第4回センター試験本番レベル模試、お疲れ様。

「感触忘れんうちに!」
言うて、当日のうちに自己採点表を提出してくれた諸君、
大変立派な心がけです。
この自己採点には、成績チェック以外にも様々な目的があるので
早急に提出すること。
「あ!・・・やっべ。やっちゃった!」
言う子。個表を「ないない」してもムダです。

ダメだった子は
目標に到達するのに必要な向上得点出てたか?
向上得点の「賞味期限」は?
ペース配分は適切だったか?
休憩時間も最大活用できていたか?
もう一度やったら解けてたハズの問題はどれ?
力不足だった問題はどれ?
などをしっかりと自己分析しておくこと

・・・・・・で、自己分析をした上で
��/26からVODで解説授業が申請可能になるので
受講すること!

 全体講評的部分は、全員必須。
 その他の問題解説部分は、
 各自の自己採点結果を踏まえて適宜調整せよ。

一度に申請できるのは5つまでなので、急ぐ人はウラ技使ってもOK。

・・・・・・あ、いつも言ってるけど、早めに受けないと、あまり効果ないぞ。
自己採点して、悔しさがあるウチで無いと、頭入らんっしょ?

・・・・・・正式個表は9/1(火)から返却予定だが、その際に
「受講必要」と指示された単元と、自分の反省が一致しているかどうかの
チェックができるのが理想。

★高松常磐町校へお問い合わせの方へ

チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡版として運用しておりますので、
夏期講習や新規入塾などの詳細は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、、
下記の「穴吹進学ゼミナールHP」の問い合わせフォームをご利用下さい。

※なお、他の方の面談中にご来校いただいた場合、
長時間お待ちいただくことがございますので、
直接ご来校いただく際には、恐れ入りますが、上記電話番号にて
ご来校予定日時をお知らせ下さい。

��ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年8月21日金曜日

ラストスパートっ!

★いよいよプロジェクト最終日です!
現役通期生の諸君、今回は3弾構えの長期プロジェクトだったが
いよいよ最終決戦日です。
しかし・・・・・今回は「凄まじい」なぁ。
ほんま、恐れ入るわ。
特に、指示通りに「3弾構え」を忠実に行った子達、すごいことに・・・・。
そりゃ、連日「神モード」発動者が続出するわけだわ。

・・・・で、最終確認ですー。
「プロジェクト」の最終期限は
��/22(土)の夜中12:00「寸前」まで、
12:00ジャストになったら加点されません。
「ねらってる」子は、時間に注意して、早めに動け。

あ、校内掲示で実況中継しているように、
今回は「良い」方向に状況が変わったので、
「ねらっていく」ことにします。お前らの力を貸してくれ!!

※毎回言っているが、高2生&高3生は翌日が模試本番なので
夜更かしはダメ
だぞ。早めに目標課題を撃破して、早めに寝ろ。

★高2生・高3生・高卒生の通期生諸君へ

8/23(日)は、第4回センター本番レベル模試実施日です!
夏の努力を精一杯、「点数で表現」してくれっ!!
複数の生徒から、
「これまでになく、今回の模試、緊張する~。助けて。」
と、泣き言を聞いたが、実は良い機会だ。
だって、
「模試は入試本番じゃないから、気楽に~♪」
とか余裕かましてたら、
「センター当日だけ緊張した-。」
ってことになりかねない。模試の度に緊張してるくらいがよろしい。
・・・・だって、入試本番で緊張しない人間は居ないもん。
だったら、ふだんから同じテンションで臨むべき。

さて、念のため時間の確認なー。

 社会が2科目ある者&理科が3科目ある者→8:30開始
 社会が1科目の者→9:40開始
 国語から受験の者→10:50開始
 英語から受験の者→12:50開始


当日、体調不良など、非常事態が生じた者は、校舎に連絡を入れること!
あと、模試実施日は、東進部屋以外も使う関係上、
「登下校メール」は飛びません!!
保護者の方には、事前に伝えておいて下さいね。

★高1通期生の諸君へ

 今回は、むしろ高2の先輩達を上回る気合いで取り組んでるな-。
大変よろしい。キミ達は23日の模試がないので、プロジェクト最終日には
「限界に挑戦」してOK。・・・・というか、しなさい


 8/23(日)は高2~高卒の先輩達が、模試を受験するので、
東進部屋も含め、3階の教室は「全部満杯」になります。
よって、受講も自習も一切できません、念のため。

★全学年の生徒たちへ

 8/24(月)は全面休校日です。
 自習も含め、教室利用はできませんので
 間違えて登校しないように!
 模試を受験した生徒は、自己採点&復習開始!
 自宅受講をする生徒は、8/23の23:00までにVOD申請を!
 ※模試帰りに申請をして帰るのもアリだぞ。

 8/25(火)~8/29(土)は、夏期時間割のラストターム。
 1限~7限までフルオープン
だが、
 プロジェクト終了後なので、いつものように22:00過ぎに終了。

さて、苦しかった「夏」も、あと少しで終了。
ラストスパートじゃあ!!

★高松常磐町校へお問い合わせの方へ

チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡版として運用しておりますので、
夏期講習や新規入塾などの詳細は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、、
下記の「穴吹進学ゼミナールHP」の問い合わせフォームをご利用下さい。

※なお、他の方の面談中にご来校いただいた場合、
長時間お待ちいただくことがございますので、
直接ご来校いただく際には、恐れ入りますが、上記電話番号にて
ご来校予定日時をお知らせ下さい。

��ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------

2009年8月16日日曜日

盆明けプロジェクト始動♪

お盆の休校日が明けました。
膨大な量の自宅受講、お疲れ様。
各人の課題は遅滞なく進みましたか?

さて

★『プロジェクト』発動しました!

8/16(日)~8/22(土)は
��:00~23:00まで拡大開校です!

三段構えのプロジェクト予定通り進行中の諸君は
仕上げの課題をバシッとキメよう。[#IMAGE|S66#]
残念ながら、遅れ気味の諸君は
一気にラストスパートをかけるべし。

なお、校舎内ランキングにエントリーされるのは
高1~高3の通期生(正式塾生)です。
ただし、高卒生諸君と夏期講習生の皆さんは、
拡大開校期間を有効活用してくださいね。

重要なお知らせですぅ!!>[#IMAGE|S72#]
予告通り、全ブースがPC化されましたっ!!
とともに、常磐町校が正式に『VOD校舎化』されました。
特に予約の入れ方・VOD受講のやり方が変わりました。
マニュアルは後ほど配布しますが、とりあえず要点だけ・・・

①VODでも『予約』ができます。

   ●校舎で受ける子は『予約』
   ●自宅で受ける子は『申請』

 を使い分けて下さい。

②『予約』の系統が3種類に分かれます。
   ●空席を『SVL』で検索してブース指定した場合
    DVDでの受講になります。
   ●空席を『VOD』で検索してブース指定した場合
    VODでの受講となります。
   ●空席を『両方』で検索してブース指定した場合
    原則としてDVDで予約が入りますが、DVDが破損している場合や
    欠品の場合、または、他の人への貸し出し中の時限などで
    SVL受講不可能な時には、自動的にVODに切り替わります。

③・・・で、重要な注意!!
   VODで『申請』している子は、
       校舎内で授業が映りません
       ・・・が、切り替わりの時期に、すでに申請してますよねぇ・・・。
       登校したら、『自宅受講扱いですっ!』と必ず申し出て下さい。
       『おまじない』することで、校舎受講できますので、手順説明します。

   VODで『予約』している子は、
       自宅では授業が映りません。必ず校舎で受講して下さい。   
       なお、指定した時限でしか、授業が映りません。
       早めの予約・規則正しい登校を心がけて下さい。
       非常措置としての各種「ウラ技」は、研究しておきます。 

   
   ※VOD受講でもブース予約ができるようになったことで、
    ブースが足らないための「受講待ち」は大幅に回避できるはず
です。
    問題は、修了テストと高速マスターのブース予約ができない点でして
    近日中に「新しいルール」を作りますね。
    とりあえず夏休み中は、「教師の誘導指示」に従って下さい。
    (2限と4限に予約が入っている子のブースの3限に他の子が予約割り込み
    してるケースなどの、ブース移動の規則を思案中です。)
    東進導入前のように、生徒管理ソフトが<ば>の自作ならば、改訂が楽なのですが
    東進のソフトのバージョンアップは、全て東進本部のご意向次第なので、
    <ば>が全く手出しできません。ま、色々と要望は出しておきますが・・・・・。


   ※1番教室は、夏休み中、「自習専用教室」として使用できます。
    新規購入したPC群や、<ば>が作った3台のPCなどは
    決して「自習」のための投資ではありませんので悪しからず。
    とにかく、PC使う課題をやってる生徒がブース利用の権利を有すると認識して下さい。


★PC導入時に協力を仰いだみんなへ

   いやいや、ドタバタ劇でしたね。
   案の定、機種やOSのバージョンが変わると、POSの挙動が変わるわ。
   各種機能の動作チェックに任命した大勢の子達、ありがとね。
   生徒が使った際の挙動は、生徒に操作させてみないと分かんないので
   みんなの協力が不可欠な訳。
   全ブースの『To Do リスト』が埋まるまで、今後も、協力よろしく♪。

保護者のみなさまへ

   システム移行期間中に付き、しばらくの間、登下校メール機能に多少の混乱が
   生じる可能性がございます。
   詳細は、追って
書面にてお知らせ致しますので、何卒ご了承下さい。

  
★高松常磐町校へお問い合わせの方へ

チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡版として運用しておりますので、
夏期講習や新規入塾などの詳細は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、、
下記の「穴吹進学ゼミナールHP」の問い合わせフォームをご利用下さい。

※なお、他の方の面談中にご来校いただいた場合、
長時間お待ちいただくことがございますので、
直接ご来校いただく際には、恐れ入りますが、上記電話番号にて
ご来校予定日時をお知らせ下さい。

��ば>

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
��---------------------------------