2011年8月23日火曜日

模試の復習+9月へ向けて

★第4回センレベを戦い抜いた受験生諸君へ

まずは、センレベお疲れ様。
今回も即日自己採点表提出率が高くて、非常にうれしいです。
事情によりまだ自己採点が提出できていない子は、大急ぎで提出。

・・・・・で、自己採点提出時、何人かと立ち話したんやけど
成績返却面談まで待てないので、気になったことを載せとく。


●「せ、せんせー、げ、現代文が・・・・・・もう、もう、・・・ぐすん。」

→1問20分ルールを守れたか? 難易度見破れたか?
  それになにより、『最善』をつくせたか?


  参考までに、<ば>も当日現代文解いてみた。
  問2は、たった5分間で(自信満々の)50点だったんだけど
  問1は23分間以上もかかって42点しか取れなかった。
  (あ、せんせはコテコテの理系なので、文学的才能や知識で解いたわけではない。
   ストレートに読んで解答しただけね。)

  ちなみに、6月のセンレベ現代文とは評論の『色』が違ってたので、
  今回は違うやり方で解いたんだけど、変に影響されると困るから
  ここでは書かない。解説授業等で研究してみてね。

こりゃ・・・・たぶん、精神的に揺さぶられた子多いだろうね。特に現代文が得意な子は。
  ある程度で問1に見切りをつけて、冷静に問2に進めたかどうか、
  ペース配分という意味で反省を。
  ま、今、こんな経験しておけば、本番でパニクらずに済むだろうね。

●「合計点が、思ったほど伸びてない。あんなに勉強したのに、手応えあったのに・・・ぐすん。」

→肝に銘じておいてほしいのは、 『手応え』を感じるほど力がついても、
 『点になる』ほどの実力になるのは、まだ先だと言うこと。


 何らかの手応えがあったのなら、ここで、踏ん張るべし!!
 よくあるのは、もう一息で点数が爆裂モードに入るのに、その入り口で足を止めてしてしまうこと。
 模試は模試なんだから、『まぐれの○』よりは『まじめに考えた×』の方が価値は高い。
 特に、2択に絞れて『外された』子たち、ここからが正念場だぞ、いや、マジで。
 
●「復習は、すぐするんだよね?ね?」

→高3生は、次のことを実践するべし。

 ①解答冊子を見ずに、もう一度『冷静に』解いてみて、間違いの分類を。
   ・単純ミス→練習不足なので過去問演習で慣れろ。(ミスの原因は把握しておけ)
   ・力不足→通期の受講や高速マスターが未完成の生徒は、まず、そこから。
   ・難問→目標点数獲得のために本当に必要な設問だったか?
   ・時間配分→センターは時間との戦い。普段からプレッシャーかけて勉強。

 ②正解した問題は、本当に正解か?
   ・なぜそうなるのかを説明できないような正解は、
    単に『当たった』だけで、『解けた』のではない。
    根拠無き正解は大変危険なので謙虚に復習を。

 ③安易に志望校を下げるな
   ・苦しい結果だった子たち、模試で良かったな。
    センター本番まであと、5ヶ月近くあるんだぞ。
    『判定』よりも、『あと何点』を意識。そろそろ教科別の目標点を分けて考えるべし。

 ④8月目標と10月目標の中間点を設定してリターンマッチ!
   ・9月23日の全国統一高校生テストが、ずばり、リターンマッチテストになる。
    あと1ヶ月決死の努力を継続して、リベンジを果たせ。


★時間さえあれば、現代文、取れたのに
・・・という子たちへ


 ●「えー?<ば>せんせが現代文解くのは、反則やろ?
  ・・・だって、せんせって、1分間で原稿用紙10枚も読める人やんかー、ずるい。」


 ・・・・などと愚痴りたくなる君たちのための
 『特別企画』 
 もうすぐ発表します♪


                                      <ば>

★東進・高松常磐町校へお問い合わせの方へ
チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡板として運用しておりますので、
体験授業や各種イベントのご相談は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、
本ブログ左メニューの資料請求ボタンをご利用下さい。

★東進・高松レインボー校にお問い合わせの方へ
校舎直通電話087-813-8104(校舎直通)まで、お気軽にお問い合わせ下さい。
��なお、開校時間帯以外のお電話は、自動的に高松常磐町校へ転送されます。)
本ブログ左メニューの資料請求もご利用いただけます。
夏期イベント

��---------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿