2017年1月27日金曜日

受講のススメ

久々の更新です。
こんにちは、アベです。

受験生はセンター試験が終わり、国公立出願に向けて準備中です。
ようやく三者面談も終わり、あとは試験に向けて勉強するだけ!

・・・とその前に、私大入試があるわけなのですが、あっという間です!!

インフルエンザが流行っているクラス(学校)もあるようなので、受験生に関わらず、皆さん注意しましょう!




さて、本題です。高2生高1生向けの話です。
表題の「受講のススメ」についてです。

同じ受講をしたのにも関わらず、成果の出方はそれぞれです。
個人の資質も関係するのかもしれませんが、個人的には微々たるものだと考えます。

重要なのはススメ方だと考えます。
模試結果などから、成功事例をもとにポイントをまとめました↓

■授業ごとの間隔が短い
成績を上げている生徒に一番共通していえることです。
逆に授業間隔を1週間以上あけて受講している人は・・・。
最低でも週1回はその授業をすすめるというのがポイントです!

■確認テスト判定がSS
これは言わずもがなというやつです。
向上得点の入り方を考えても当然です。
初回でSSにならなかったとしても、再チャレンジしましょう!

■模試をきちんと受験している
模試は最大の実践練習の場です。
復習を繰り返すことで、確実に力になります。

■ミーティング・グループミーティング出席率
これは単純な出席率だけではなく、計画性を表します。
学習を計画通りに進められる人は、ミーティング等の定例の行事にも基本的に参加します。
逆に出席率が低い人は、計画性がなく、怠惰な性格の持ち主だということができます。
成績が上がりにくいわけです・・・。

■ブログをきちんとチェックしている
「ブログをみてー!」というわけではなく(いや、そういうわけですが・・・)
「アンテナをはる」ことが重要ということです。
勉強に関わらず、物事が上達する人は貪欲です。
そして、自ら刺激を求めて、自らを高められる人です。
受身で待っているだけの人は、上達もソコソコです。

当ブログは基本的に情報発信の場です。
校舎での予定はもちろんですが、成功事例の紹介もあります!
できる人はまめにチェックしていますよ。
(たまに「コウシンマダデスカ」と問われます)

■まとめ
このところ、校舎の向上得点ランキングが好調です。
全体的に皆さんよく頑張ってくれています!(嬉しい)

しかし、全員というわけにもいかず、何名か気になる生徒もいます。
(あの子とかあの子とかあの子とか・・・)

で、1月末をもって、年間計画表の見直しをします。
2月には予定の立て直しと、保護者面談を実施する予定です!
(皆さん、いろいろ準備のお時間ですよ)

後悔がある人は、これから卍解挽回です!




◆◆ 新入生募集中 ◆◆
無料体験・入学相談会実施中です。まずは体験してからご検討ください。
◆◆ 受付 ◆◆【高松常磐町校】ことでん瓦町駅から一番近い東進ですので、ことでんを利用して通塾しやすいです。
電  話:0120-02-1359
休校日:月曜日受  付:日曜 9~18時、火曜~土曜 13~22時
地  図:

0 件のコメント:

コメントを投稿